7月31日(月)

 鈴鹿御前が宝具撃つ時の口上がすごく好き。

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 『封神演義』が再アニメ化するとのこと。
 昔のギラギラテカテカテイストなやつではなくて、今の映像技術で描かれた新しい『封神演義』は愉しみだ。
 どの辺りまでやるんだろうか。そもそも最初からやるのかも怪しい。
 せめて趙公明くらいまではやって欲しい。
 キャストも変わるとは思うけれど、申公豹は石田彰さんのままでよろしくな!

7月30日(日)

 福袋はカルナくんでした。

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 『FGO』。
 2周年記念の発表が色々となされた。
 石購入時のおまけが増えたのにも驚いたけれど、まさかいきなりホームズをぶっ込んでくるとは思わなかった。
 宝具はバフ・デバフ複合型で、中でも「防御無視状態付与」がかなり強力。去年のネロ祭りにいたらかなり活躍出来たのではないだろうか。クリティカル強化も付いているし、今後頻繁に使うことになりそうだ。
 ホームズのクラススキルが「陣地作成EX」なのは、「ベーカー街221B」に由来するのではないかという説をネットで見かけてなるほどなぁと膝を打った。
 あとスキルにバリツがあって安心した。

 10大キャンペーンの最後は「???」で、8月2日に発表されるとのこと。一体何が発表されるのだろう。
 ところで、リヨさんのFGO漫画も8月2日に発売される。
 偶然偶然。

◆◇◆◇◆◇◆

 シンデレラガールズ5thツアー福岡公演2日目。そのLVに参加。
 セットリストは昨日と同じなので、パフォーマンスに注視することが出来た。
 『祈りの花』のカメラワークがとても良く、ステージ上段にいる高田さんを映しつつ、下段で次々と移動しながらくるりとターンを決めていくダンサーさん達を一緒に捉えていて素晴らしかった。
 あのアングルはBDにも是非取り入れて欲しいところ。
 種崎敦美さんの予想もつかないMCは相変わらずで、ずっとこのまま突き抜けて欲しい。

7月29日(土)

 アーケード版FGOのグラでエクステラ作って。

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 シンデレラガールズ5thツアー福岡公演1日目。そのLVに参加。
 最前列だったので、座ったままのんびり鑑賞。
 好きな曲である『祈りの花』が聴けて本当に嬉しい。高田さんは芳乃のようなウィッグを被っていて、梅の枝を持ちながらくるりと回る振り付けがとてもたおやかだった。ダンサーさんの衣装も着物で素敵。  また、松井さん・渕上さんの奈緒加蓮による『Memories』が、「ここでこの二人を持ってくるのか!」と唸った。
 そのまま松井さんによる『Neo Beautiful Pain』も圧巻。
 元々ライブ映えする曲だと思っていたのだけれど、実際に聴いてそれ以上のパフォーマンスがそこにあった。いつか現地で聴いてみたいなぁ。

7月28日(金)

 相手が死ぬまで殴るウーマンができました。



 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 西尾維新大辞展に行ってきた。
 開場時間から少し経ってからの来場だったけれど、すでにそれなりの人がいた。と言っても、「夏休みだから大混雑かもなぁ」と思って覚悟していた程ではなかった。
 会場内で使用出来る音声ガイドは、「ぼく×玖渚友」、「阿良々木暦×忍野忍」、「哀川潤×掟上今日子」の3種類。戯言組のガイドを注文したら、これだけもう在庫切れを起こしていた。物語組の需要が高いのだろうなと漠然と思っていたのでちょっと驚いた。コアなファンが来ているのだなぁと思うとなんだか嬉しい。
 運良くすぐに戯言組の音声ガイドが返却されたのでそれを受け取っていざ中へ。

 人でごった返していた。
 中はシリーズ作品毎に区画が分けられていて、順に進んでいくタイプ。美術館のように展示物が絵などであればいいのだけれど、今回の展示物は「文章」がメイン。通路は狭く、しかも腰の高さくらいにまでパネルが展示されている。必然的に渋滞が起きてしまう。
 この企画を聞いた時から渋滞するのではと思っていたけれど、本当に渋滞していた。
 こんなのは少し想像すれば分かることで、展示物を目の高さより少し高いところに設置する・通路を広くするくらいはしているだろうと思っていたのだけれど、想定しうる限り最悪の設置だったので面食らってしまった。
 展示内容が良かっただけに残念。この後に開催される大阪会場では改善されていると良いのだけれど。

 物販では色々と購入。
 ブラインド商品の缶バッジを適当に2つ選んだら、



 持ってるな、自分。と自己陶酔してしまった。

◆◇◆◇◆◇◆

・今日の1枚

古槍頭巾 / 戯言シリーズ


 西尾維新大辞展行ったよ記念ラクガキ。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

○買い物ログ○

<漫画>
 ・『かんなぎ』(12) 武梨えり
 ・『アイドルマスターシンデレラガールズ U149』(1) 廾之

7月27日(木)

 カフェ・オレ。
 カフェ・オマエ。

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 何か楽器を弾けるようになりたいとずっと思っている。
 出来る楽器といえばピアニカとリコーダーと口笛くらい。ピアニカとリコーダーは中学生の頃の話なので、今出来るかと言われると正直怪しい。当方、ボーカル。
 音楽教室に通いたいのだけれど、近所の音楽教室は平日しかやっていなかった。
 いっそ、楽器を買って独学か。
 家で弾ける楽器は電子ピアノくらいだろうか。
 カラオケに行って練習するのもありかもしれない。(店舗による)

 最初の一歩を踏み出す勇気が足りない。(主に財力的な意味で)
 そんなわけで楽器を弾ける人は尊敬する。

7月26日(水)

 気温は低いけど湿度が海。

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 ふと新しい小説のネタを思いついた。
 僕の場合、何も考えていない状態で突然生まれる事が多い。
 突然ビッグバンで宇宙が生まれる感じで、世界が出来上がり、何人かのキャラクタが生まれ、大まかな事件が起きる。
 このスピード感がとても快感で、とてもテンションが高くなる。脳内で何がしかの部分がギュンギュンと回るのがよく分かる。

 最初に生まれるキャラクタは大体が主人公かそれに準ずる存在で、性別と性格と一生が決まる。一生とは「最終的に作中で死ぬか生き続けるか」という点で、これはあまり変わることがない。
 ここで生まれた彼あるいは彼女の行動を観察すると、次第に家族構成や交友関係が見えてくる。これは慎重に焦らずゆっくりと行う必要がある。
 意外と困るのが「名前」で、すぐに教えてくれるキャラクタと中々教えてくれないキャラクタがいる。最後まで教えてもらえない場合はこちらから提案して、気に入ってもらえれば採用。駄目ならしばらくは名無しか仮名のまま観察を続けることになる。

 これが二次創作では決して味わえないオリジナル創作の愉しみ方である。
 他の人がどうかは分からないけれど。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

○買い物ログ○

<音楽>
 ・『THE IDOLM@STER MILLION THE@TER GENERATION 01』

<映像>
 ・『シンデレラガールズ劇場』(3)

7月25日(火)

 うのつく食べ物と言えば5000兆円。

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 林原めぐみさんのラジオを聴いてたら、「Jrが中学生」と言っていて真顔になった。
 いやまぁ、普通に考えればおかしなことは何もないのだけれども。
 自分の中にある林原めぐみ像はやはり学生時代の頃のものなので、今現在とのギャップに戸惑った結果なのだろう。
 ラジオで時間の流れのギャップを感じるとは、何だか変な感覚。

7月24日(月)

 『ナナマルサンバツ』のヒロイン役の人、何者……。

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 『ミリシタ』。
 各曲のジャケットイラストは、そのイラストに使われている色調で何となく属性が分かるようになっている。
 例えば静香が歌う『Precious Grain』が青を基調にしたデザインだったり。
 しかし、中には色と属性チグハグになっている曲がいくつかある。
 特に気になったのは、

・『透明なプロローグ』 イラストは青基調でPrincess(赤属性)
・『トキメキの音符になって』 イラストは赤基調でAngel(黄属性)
・『スマイルいちばん』 イラストは黄基調でPrincess(赤属性)

 辺り。この「選びたい属性を直感的に選べない」というのはわりと不便だ。
 『デレステ』ではジャケットの基調が属性にだいたい合っているし、曲を選択した時の枠線がその属性のカラーに変化するのでわかりやすいので、『ミリシタ』の時のように戸惑った記憶がない。
 『ミリシタ』も曲名の横にアイコンが出るけれど、もう少し目立つようにしても良いのではないかと思う。
 慣れろ、と言われてしまえばそれまでなのだけれど。

7月23日(日)

1.「ポケットモンスター」=スラングで「男性器」の意
2.ポケモン=あの子のスカートの中
3.あの子=

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 『蒼き鋼のアルペジオ』の新刊にCDが付くと聞いた。
 Kindleで集めている身としては「困ったことになったな」と思った。
 しかしながら、CDの内容は僕が見たサイトには記載されていなかった。アルペジオのユニットは既に解散しているので、はてこれは何だろうかと調べてみたら、どうやら作品をイメージした音楽集とのこと。
 歌ではないのであればいいかなと思ったのだけれど、作曲が『エースコンバット』の小林啓樹さんと聞き心が揺れる。
 電子書籍にもダウンロードシリアルを付けてくれればいいのに……。

7月22日(土)

 今日、グラノーラとたこ焼きしか食べてない。

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 恒例の冲方サミットに参加。
 今日の会場は新宿ロフトプラスワン。開場前に並んでいたら、横を遅刻した冲方先生が通っていって笑いが起きた。
 『テスタメントシュピーゲル』が完結したということで、当然のことながらそれについてのあれやこれやが飛び交う。
 個人的に好きなキャラである水無月について言及があったのが特に嬉しい。

 今後の執筆予定で「現代サスペンスに挑戦する」とのことで、こちらも愉しみだ。
 そして最後に発表された『ばいばい、アース』のコミカライズがとても嬉しい。コミカライズすると結構長いと思うのだけれど、最後まで続きますように。

◆◇◆◇◆◇◆

 絶賛品薄状態のNintendo Switch。それに乗じて、オークションサイトでも高値を付けたものが多く出品されている。
 そこへ目をつけた詐欺が出てきたようだ。
 難民が溢れるところへ定価程度の商品を出品すると、当然のことながら取り合いになる。
 詐欺師は商品の説明文を長々と書いて、その中に「外箱のみ」と記載する。しかし、落札しようとする側はそこまで見る余裕がない。
 結果、Nintendo Switchの定価近い「箱」を買う羽目になってしまう。

 即決というシステムと人々の焦る心を悪用した詐欺で、市場が盛り上がれば盛り上がるほどこういう輩も擦り寄ってくる。
 気軽に利用できないのはサービス提供側としても看過できない問題だと思う。例えば、即決後でも一定時間内ならノーリスクでキャンセル出来るというような対策があればいいのだけれど。(既にあるかもしれない)

7月21日(金)

 控訴神。

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 電車の定期の期限が切れていたのに気づかないまま通勤していたので、チャージしていた残高が減っていた。
 期限が切れる数日前に「そろそろやらないと」と意識していたのは覚えているのだけれど、その前後でバタバタしていて失念していた。
 普段は定期を使っているので気にしなかったけれど、往復運賃も結構馬鹿にならない金額なのだなと再認識。
 1日往復+片道程度で気づけたので不幸中の幸いということにしておきたい。

7月20日(木)

 今日は銀行やらお役所巡りをして疲れた。

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 車を持っていないので、移動は電車やバスや徒歩。
 こういうときだけ車が欲しいなと思うけれど、もうかれこれ10年は運転していないので、どう考えても自分や他人の安全のためにも車を持たないほうが良い。
 いざとなればタクシーもある。(いざとなっても使わない可能性もある)

 たまたま神奈川県の地価に関する記事を読んでいたら、うちの近所の地価は県内トップ10に入るらしい。意外だ。
 もちろん僕の家が高いということは全くなく、駅前の一部が高いというお話。
 それにしても、そんなに高級住宅地のイメージはないのだけれどなぁ。
 駅前は雑然としていてあまり好きではないので、そろそろ大々的な区画整理でもして一新してくれないものか。

7月19日(水)

 ミリシタの2D表示は、何でカードイラストにしなかったんだろう。

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 先日のEVOで『鉄拳7』にギースが出ると発表された。



 会場盛り上がりすぎだし、最初の笑い声が出た時点で「GEESE? GEESE!?」ってなってる外人さん流石。
 あの襖の演出はやはり格好いいし、当て身投げのところも最高だった。
 SNKはSNKプレイモアになってから権利関係に過剰なほどに反応していて辟易していたのだけれど、再びSNKに戻ったことでこういったコラボが実現したのかもしれない。
 またカプエスみたいなゲームでないかなぁ。

7月18日(火)

 夕飯:麦茶

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 昼過ぎ辺りから雷が鳴り出した。
 幸い仕事は休みで家にいたので、部屋の電気を消して天然のエレクトリカルパレードを愉しんだ。
 場所によっては雹が降ったらしい。
 しかも5cmほどのものが散弾銃のように降り注いだというのだから恐ろしい。
 雷は「当たるか当たらないか」みたいな精神的な怖さがあるけれど、大粒の雹は単純に生命の危機。
 今のところ外を歩いている時に雹に降られたことはないけれど、今後もその機会がないと願わずにはいられない。

7月17日(月)

 何事においても騙す方が悪い。騙される方は馬鹿。

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 『魔法陣グルグル』の新しいアニメを観た。
 原作に忠実かどうかは本を持っていないので定かではないけれど、曖昧な記憶を辿ると「あー、あったなぁ」という懐かしさを覚えた。
 それにしても、改めて見るとククリが「彼氏が出来て気がでっかくなってるイキリ女」っぽくて結構ツラい。現実にいそうな感じなのが特にツラかった。
 面白いかと言われると、思い出補正がないとキツいというのが正直な感想。
 初めて『魔法陣グルグル』に触れた人はどう思うのかはちょっと興味がある。

 この流れで『ツインシグナル』とか『ハーメルンのバイオリン弾き』とか『突撃パッパラ隊』もリメイクしませんかね。
 いっそ『マテリアル・パズル』とか『ロトの紋章』のアニメ化でもいい。

7月16日(日)

 悪魔が来たりて「ふえぇぇ……」。

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 『ミリシタ』。
 このゲームは最高難度の曲をする時にスタミナを30消費する。
 プレイヤの体力は80前後。つまりフル状態から2回しかプレイすることが出来ない。あとは難易度を下げるかアイテムを使ったりしてもう一曲といったところ。
 他のゲームを見てみると、例えば『バンドリ』では無制限で曲を愉しむことが出来る(メリット・デメリットもある)し、『デレステ』でもフル80前後で消費19程度。それに対して『ミリシタ』の30/80は重い。チケットによるプレイも出来るけれど、報酬がないので練習チケットの側面が大きい。
 回復アイテムを買わせてプレイさせるのが目的なのだとしたら、非常に前時代的だと思う。
 これから『ミリオンライブ』の世界に触れてみようと思う人を逃してしまうのではないかと心配してしまう。
 消費スタミナを5〜10程度減らすだけでも結構変わってくると思うのだけれど。

7月15日(土)

 知らない人と結婚する夢を見たけど、結婚生活に疲れたので夢から醒めた。

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 『ミリシタ』。
 キャラクタのコミュで「宣材写真を撮る」という、『アイマス』や『デレステ』でも鉄板の、いわばお決まりのものがある。
 キャラクタ自身の意識が「普通の人」から「アイドル」にステップアップしていく様子を描いていることが多く、例えば「(テレビや雑誌で見るような)アイドルみたいに上手に笑えない」と悩んだり、「プロの機材・設備って凄い」と目を輝かせたりと、キャラクタそれぞれに寄り添った内容がとても面白い。

 そんな中でよくカメラマンが登場する。
 基本的にアイマス世界におけるカメラマンはシルエットあるいはセリフのみのモブキャラクタで、『ミリシタ』でもそれは変わらない。
 しかし、『ミリシタ』の宣材写真コミュを見ていて少しだけ違和感を覚えた。
 カメラマンのセリフが、他の姉妹作品とは微妙に異なっている。具体的に言えば、姉妹作品のカメラマンは男性的な口調であるのに対して、『ミリシタ』では女性的な口調であった。
 そこではたと思い出す。『ミリオンライブ』の世界におけるカメラマンは特別だった。
 「早坂そら」だ。

 彼女は『ミリオンライブ』で765プロの専属カメラマン(推定)として登場。
 最初は立ち絵こそあれ名前は無かったのだけれど、エイプリルフールでカード化された際に名前が公開された。
 『ミリシタ』ではあくまでも「カメラマン」としか表示されず、現状は立ち絵もシルエットもなくセリフだけなのだけれど、前述の通り口調が女性的であることを考えると、『ミリシタ』の世界でも早坂そらがシャッターを切っているのだと思われる。
 いずれ青葉や小鳥さんのように3Dモデル化されて画面に出てくるかもしれない。

 その前にゲームをなんとかして欲しいけど。

◆◇◆◇◆◇◆

アメリカの非常階段ってなんかすてき
 知ってる、上とか下から逃げる相手を銃で撃つところ。

7月14日(金)

 西尾維新作品のキャラクタの中に、飴のグッズ化にぴったりなキャラがいるらしいですよ。

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 日本の色々な港でヒアリが発見された話。
 横浜港でもヒアリが見つかったそうで。
 ちょっと探しただけでこれだけ発見されるということは、もうすでにそこら中にいるのではないだろうかという気もする。
 またアリ駆除のグッズが爆発的に売れているらしい。フマキラー株も爆上げだとか。
 今回の騒動で一番の被害者は、専門家に「ヒアリには勝てない」と言われ、家の近くにいっぱい餌があると思ったら毒餌だらけで一家全滅な普通の蟻たちだと思う。
 まともな知識を持たず、調べず、聞きかじった情報に踊らされて安易な行動を起こすヒステリックな人たちこそが一番の害。
 駆除が難しいのがまた厄介である。

7月13日(木)

 美味しい豚肉は甘い。

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 Newニンテンドー3DS(ノーマルサイズ)が生産終了とのこと。
 LLはまだ生産されるとのことだけれど、やはり滑った感は否めない。
 僕もNew3DSLLを使用していて、確かにシステム周りのレスポンスは無印よりも軽快でストレスフリーだ。
 しかしそれくらいしかメリットを感じることはなく、専用ソフトも『ゼノブレイド』だけ。(多分)
 今にして思えば、何だったんだろうかというハードではある。

7月12日(水)

 電話が苦手。

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 『蒼き鋼のアルペジオ』の15巻にCDが付くとのこと。
 はてまた歌を歌うのかなと思ったけれど、Tridentは解散しているはず。
 調べてみたら、収録されるのはイメージ音楽とのこと。しかも『エースコンバット』の作曲を手がけている小林啓樹さんによるものだという。
 『蒼き鋼のアルペジオ』はKindleで集めているので、これは迷うところではある。
 電子書籍にもデジタルミュージックダウンロードコードとか付けてくれてもいいのに。

◆◇◆◇◆◇◆

同じ場所でもこんなに違う。プロが伝授する何の変哲もない場所で効果的な写真を撮影する10の事例
 9枚目の写真、なるほどなぁと膝を打った。
 何事においても、この柔軟な発想が大切なのだと思う。

7月11日(火)

 ミリシタは早く『dear…』を実装すべき。

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 横になって寝ている時などに、ふいに脳内に「パン」という破裂音のような音が響くことがある。
 原因はサッパリわからないけれど、特にこれと言って躰に不調をきたすわけでもなく、ウトウトした時にこの音がして目が覚めるくらい。
 たまたま調べてみたら「頭内爆発音症候群」などという物騒な名前がついていた。(医学的に認められた名前なのかは分からない)
 症候群という名前が付いてはいるけれど病気というわけではなく、脳神経の誤作動によって引き落とされる錯覚なのだそうだ。
 過労やストレスによって引き起こされるので、この音が鳴る(実際には鳴っていないのだが)ということは疲れているのだなというシグナルとして取り扱うのがいいのかもしれない。
 でも、変な話だけれど、頭の中で鳴るこの「パン」という音がちょっとだけ小気味良いので、正直嫌いではない。

7月10日(月)

 『スローライフ・ファンタジー』の最後、毎回「溶鉱炉……」って思ってしまう。

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 Amazon Prime Dayが始まった。
 これと言って欲しいものはないのだけれど、FireHD8が安かったので購入。
 家の蔵書の殆どを処分して電子書籍に移行しようと考えているので、そのお試しということで今回購入に至った次第。
 鑑賞環境としてはスマホ以上PC未満と言った感じだろうか。
 Kindleアプリの使い勝手の悪さが気になるところだけれども、別のアプリで代替すればいいのかな。

7月9日(日)

 扇風機の羽を水洗いして、ベランダで水滴がついたままスイッチ入れて回すの好き

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 シンデレラガールズ5thライブ・幕張公演2日目。
 LVを取るのも大変になった今回の幕張公演。普段利用している映画館のチケットが取れなかったので、いつもとは違う映画館での鑑賞。これはこれで新鮮味があっていい。
 幕張2日目は前日同様のセトリ。なので、昨日よりも落ち着いて細部まで観ることが出来た。
 『in fact』は、なんだか昨日よりも感情が篭っていたように感じられて震えた。
 今回に限ったことではないのだけれど、『EVERMORE』の背景映像の林を抜けて城に向かうところが好きだ。これは毎回思う。
 『しんげき』2期も発表されてこれからが愉しみ。

7月8日(土)

 『西尾維新大辞展』は古槍頭巾コーナを8万ヘクタール用意すべき。

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 「80000ヘクタール(ha)は、約2.117033日本(総面積)です」(変換サイトより)

◆◇◆◇◆◇◆

 シンデレラガールズ5thライブ・幕張公演1日目。
 開幕の『Radio Happy』が最高にハッピィだった。
 この曲は軽快なダンスナンバで、いつか生で見たい曲の一つ。
 『命燃やして恋せよ乙女』も聞けて嬉しかった。演者よりもダンサさんの着物に目が行ってしまった。全体的に、演者よりもダンサさんたちの衣装のほうが多彩で面白い。
 『in fact』は、佐藤亜美菜さんが椅子に座った状態でポップアップから登場し、そのまま歌うという演出だった。
 元々ありすの心情を歌ったシリアスな歌だったのだけれど、今回はこれまで以上に感情を込めた歌い方をしていて真に迫るものがあった。

 新しい曲、進化する曲、それぞれを目の当たりに出来た愉しいライブだった。

7月7日(金)


 あ、い、ま、す、た、じ、おー!

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 止まっているエスカレータに歩きながら乗った時に、躰がつんのめってしまう現象を「故障エスカレータ現象」という。
 普段、脳は動いているエスカレータに乗った時の加速度を計算している。
 目ではエスカレータは止まっていると認識しているのだが、運動を司る脳は普段通りの命令を躰に出す。
 そのギャップによって躰がおかしな反応を起こしてしまう。
 この現象を利用すれば、いつの日か人の精神は光速を超えることが出来るのではないだろうか。
 自分でも何を言っているかは分からない。

7月6日(木)

 「エッチなマンガを読むと性犯罪者になると主張する人」が幼少期に読んだ本を今すぐ規制したほうが良い。

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 雨の日、渋谷駅からスクランブル交差点を眺めると、ビニール傘を差す人が多い事がよく分かる。
 それがなんだか味気ないというか、色が少ないのでちょっと残念に感じてしまう。
 色の着いた傘は、雨の灰色空を彩る花のようなもの。ともすれば沈みがちな気分を少しだけウキウキさせてくれる。
 一年を通して見られる紫陽花。

7月5日(水)

 このみさんのコミュ1、「会話が噛み合わない」が二段構えになっててシナリオのレベルが高い。

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 『ミリシタ』。
 『ミリオンライブ』の時から、ゲーム中のPは百瀬莉緒のことを「莉緒」と呼び捨てにしていた。
 このみに対しては「さん」付けで、莉緒よりも年下のあずさや千鶴に対しても「さん」を付けるのに対して、莉緒だけは呼び捨て。
 これについてはずっと疑問だったのだけれど、『ミリシタ』のコミュで理由が明かされて納得。設定がコミュで明らかになっていくのはありがたい。
 となると、ジュリアの本名ネタもいずれ?(熊野説支持者)

7月4日(火)

 『瑠璃色金魚と花菖蒲』は曲名が秀逸。

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 『ミリシタ』。
 ひなたの誕生日ということで、初回ログインの挨拶がひなただった。
 セリフも専用のものだったので、誕生日にはそのキャラクタが出迎えてくれるようだ。これは中々いい演出。
 音ゲーではなくコミュでスタミナを消費出来る「お仕事」もなかなか良いシステム。仕事の休憩中にササッと稼ぐことが出来る。
 更にランダムで少し長いコミュに派生する。これはこれで愉しいのだけれど、時間がない時に選択する「お仕事」とは少し相反する感じではある。
 あとは音ゲー部分がもう少し軽くなると嬉しい。まぁこの辺りはおいおい改善していくことだろう。

7月3日(月)

 マドレーヌは神々の食べ物。

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 『フリクリ』の新作が来年の劇場作品として製作中とのこと。
 正直、愉しみでもあり不安もあり。
 全6話でまとまりの良かったOVA版があるので、劇場版は蛇足になるのではないかと思う反面、ハルコ達にまた会えるのは嬉しい。(出るか分からないけど)
 そもそも勢いで突き抜けていく作品で劇場版を作ったら持ち味が損なわれてしまうのではないだろうか。
 もちろん、そんな不安すら突き抜けて行くくらいの勢いを見せてくれるのが一番嬉しいのだけれど。

7月2日(日)

 セロテープの最初の1周のツルツルした感触が苦手。

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 デレステのモデリングについて、センター以外のキャラクタは衣装などが省略されて表示されていたという話を聞いた。
 普通だったら全く気づくこともなかったのだろうけれど、こうして陰ながらの工夫が分かると「おお」と感心する。
 そしてリッチモードでは、他の4キャラについてもこのセンターと同じ表現方法になるそうで、光源処理や影のグレードアップだけでなく、こういったところもリッチになっていたのか。
 こういう技術的な話好き。

7月1日(土)

 眠いから踊って目を醒ました。

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 シンデレラ5thSSA公演の一般販売だったのでチャレンジ。
 1日目は先日のWEB先行で手に入ったので、狙うは2日目。
 しかし、ツアーの千秋楽なので競争率はかなりのことになっているだろう。
 F5の準備は万端だ、とダメ元で参戦したらあっさりと取れてしまってビックリ。
 まさかのSSA両日現地となった。WEB先行はともかくとして一般のチケットだとステージが豆粒みたいな場所の席なのだろうけれど、それでも現地に行けるのは嬉しい。

6月30日(金)

 外の湿度が人理崩壊レベル。

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 『テスタメントシュピーゲル』3・下巻が発売された。
 2007年に始まったこのシリーズも、10年経ってようやく完結した。作中の設定は2016年となっているのもご愛嬌。
 早速読み始めたい。

 それはそれとして、電子書籍で13巻全部一つにしたものが出るとのことでちょっと欲しい。
 文庫には収録されない挿絵や書き下ろしのあとがきがあるとのこと。
 流石にまとめ買いに近い値段なので良いお値段なのだけれど、いずれ読み返したいなと思った時に買ってしまいそう。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

○買い物ログ○

<小説>
 ・『テスタメントシュピーゲル』(3下) 冲方丁

6月29日(木)

 ミリシタいきなり始まった。

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 『ミリオンライブ』のリズムゲーム『ミリオンシアターライブ』、通称ミリシタがサービスイン。
 早速プレイしてみた。
 数あるスマホのアイマスゲームの中で、一番本家に近い印象を受けた。それは765ASがいるからというだけではなく、3Dモデルのコミュやゲーム内のプロデューサの言動などがそう感じさせる。

 後発ゆえにどうしても他のリズムゲームと比較してしまうのだけれど、他と比べると若干のプレイしづらさは感じた。
 ところどころに粗がみられ、どうもサービスインを前倒しにしたような印象を受けた。
 もちろんまだサービスインしたばかりなのだし、これから改善していけばいいだけの話だ。
 ただ、これを機にミリオンに触れてみようと思った人を逃さないようにして欲しいなとは思う。

6月28日(水)

スパイダーマ「キノコ狩りの男、スパイダーマ!」
中禅寺「あなたが蜘蛛だったのですね」

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 モスバーガーのコラボ商品「にくにくにくバーガー」を食べてみた。
 牛肉で鶏肉と牛肉カルビを挟んだもの。一言で言えば肉。その昔、ケンタッキーでチキンとチキンでベーコンを挟んだものがあったのを思い出した。
 当然のことながら肉汁が凄いことになるので基本的にテイクアウトは出来ない。ただ、出来れば家で食べたかったのでテイクアウトをお願いしたら、「肉汁まみれになって見た目と食感が悪くなるけどそれでもいいなら」という話だった。
 近所のモスバーガーから家まで徒歩で30分ほどかかるのだけれど、家に着いた時にはもう肉汁が溢れ出してしまっていた。
 家で食べるのでひと目を気にせず一気に食べた。
 食べる前は味がしっちゃかめっちゃかになっているんだろうなと思っていたけれど、実際に食べてみるとそれなりにまとまりがあった。まぁ肉と肉と肉だし。
 ネタバーガーではあったけれど、「肉を食べたい」というニーズにはバッチリ応えていて(そりゃそうだ)とても美味しかった。

6月27日(火)

 スーファミミニに『瞳』は入っていますか?

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 先日、シンデレラガールズの4thライブBDの予約が始まった。
 ポスターなどのショップ特典は興味がないので、単に一番安かったヨドバシで無事に予約をした。
 ところが、今日になって日本コロムビアの通販サイトで購入すると特典CDが貰えるという話を知った。
 すでに注文締め切りとなっていたのだけれど、追加注文を受け付けるということで何とか注文をする事が出来た。(ヨドバシの方はキャンセルした)
 この特典CDがライブ音源CDという、アイマスではかなり珍しいもの。他であるとしたらリスアニのライブ音源CDくらいだろうか。
 曲目はまだ未定のようだけれど愉しみ。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

○買い物ログ○

<音楽>
 ・『THE IDOLM@STER SideM ORIGIN@L PIECES 05』

<映像>
 ・『アイドルマスターシンデレラガールズ劇場』(2)

6月26日(月)

 『ドラゴンボール』の格ゲー、人造人間20号出して欲しい。「今だー」やりたい。

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 テレビでミサイルが飛んできた時の行動についてのテレビCMが流れていた。東日本大震災の時に天気予報で流れていた放射能予報くらいに世紀末感がある。
 恐ろしい話ではあるけれど、怖がっていても現実は変わらない。
 もちろんそうならないに越したことはない。
 ただ、危機感くらいは持ち合わせておくべきではないだろうか。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

○買い物ログ○

<漫画>
 ・『HUNTER×HUNTER』(34) 冨樫義博

6月25日(日)

 FGOプレーヤには違って聞こえるもの
 「ローマの休日」

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 『本格雑談くちをひらく』第4回に参加。
 今回のゲストはアドラー心理学の向後千春さん。
 難しそうな話題を雑談に乗せてとても愉しく話してくれるのはこのイベントのいいところだと思う。(よく脱線もするが)
 全く接点のない人たちが接点を持った時に生じる「雑談」の素晴らしさを垣間見ることが出来、今回もよく笑い、そしてよく勉強になった。

 会話能力(というかコミュニケーション能力)が皆無な僕にとっては、他人と「雑談」を交わすこと自体がとても神々しく、ピカピカした宝物のように映る。
 場を繋いだり、相手を愉しませたりするような話題を一切持ち合わせていない僕にとって、人と話すことはとても恐怖だ。
 それによって相手に不快な思いをさせているのだと思うと、人と会うこと自体を避けたほうがいいと考えてしまい、今に至る。
 これはこれで他人からの干渉がない気楽な環境ではあるのだけれど、健全ではないことも自覚している。(他人とのギリギリの接点がSNSであったりこのサイトなのである)
 何かいい方法はないものだろうか。

6月24日(土)

 絵が雑なキャラほど強くなるという世界で、キャラが人気を争うメタ系バトル漫画はどうだろうか。

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 何となくラムチョップが食べたくなったので、ラムチョップの店に行ってラムチョップを食べてきた。


 骨付きの肉付き。


 ポテの皿。

 何というか、骨付き肉をそのままガブリといくと、普通に食べるよりも「ああ、肉を食っている!」という感覚になる。
 原始時代の先祖の記憶がDNAに刻まれているのだろうか。
 がおー。

6月23日(金)

 1年ぶりくらいにデレステがシャンシャン言うようになった。

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 『デレステ』。
 Android7.0の端末で発生していた音ズレバグがようやく直った。
 バグ自体はSEを切れば回避できるのだけれど、音ゲーとして「ボタンを押す」という行為に対して何の音も鳴らないというのは、想像していたよりも無味乾燥なもので、これによってモチベーションが著しく下がってしまった。
 そもそも公式で回避方法がアナウンスされていなかったので、このバグによって離れてしまった客もかなりいたのではないかと心配してしまう。

 更に間の悪いことに、今回のバグフィックスの影響なのか、Android7.0未満の端末にかなり酷い影響が出たとの話も聞いた。
 あちらを立てればこちらが立たずといったところだろうか。
 ゲーム側ではなくOSの問題であるとはいえ、なかなか難儀な対応を強いられている運営に同情してしまう。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

○買い物ログ○

<漫画>
 ・『ベルセルク』(39) 三浦建太郎

6月22日(木)

 『恐怖の大王』ネタはもう通用しない。(恐怖)

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 結構前から甘酒を飲んでいる。とは言っても健康に気を遣っているというわけではなく、ただ単に美味しいからという理由。
 これまでは甘酒の素を買ってきて牛乳で割ったりヨーグルトに入れたりして食べていたのだけれど、最近は甘酒ブームということで1リットルパックの甘酒が売られていて、手軽に飲むことが出来て便利だ。
 とは言ってもジュース感覚で作っているからなのかちょっと甘すぎる。なので、これを牛乳で割ったりすると丁度いい味になる。
 今はブームだから売られているのだとは思うけれど、出来ればこのまま常設してもらえると嬉しい。

6月21日(水)

 除菌グッズは体に悪いと思う。

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 日本茶や紅茶など、お茶の缶のデザインが好きだ。
 紅茶ならマリアージュ・フレールの黒くて丸い胴とシックな色のエンブレムだったり、ベロックのシンプルだけど特徴的なデザインの缶だったり。
 日本茶なら一保堂のレトロなデザインも捨てがたい。
 お茶自体が嗜好品なので、缶のデザインにも力が入るのだろうか。
 ついついコレクションしてしまいたくなるのだけれど、独り暮らしだとそんなにお茶の消費量が高いわけではないので難しい。
 しかしまぁ、うっかり買わなくて済むので逆にいいのかもしれない。

6月20日(火)

 平バフ盛。

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 『モンスターハンターワールド』 が発表された。
 今作はオープンワールドでの狩りということで、これまでのエリア単位ではなくシームレスに繋がった大きなエリアで狩りを行うとのこと。
 グラフィックはPS4と箱1ということでとても綺麗。
 狩りの途中で武器を変えられたり様々なギミックを駆使するところはとても面白そうだった。
 ただ、ダメージを与えた時に数字でダメージが表現されるのと、登場キャラクタが日本語を喋ること、血が出ないことなどといった部分にどうも違和感を覚える。
 ナンバリングタイトルではなくスピンアウト作品として触れるのがいいのかもしれない。

6月19日(月)

 溜まった石で回したらジャンヌ・ダルクさんが出ました。(ゲーム名を伏せる)

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 『デレステ』。
 VR用の曲だった『Yes! Party Time!!』が実装された。
 この曲はノリが良くて好きだったので嬉しい限り。まるで本家アイマスのようだ。
 しかも、普段の曲は全員同じ振り付け(その代わりカメラワークで上手く演出している)であるのに対して、今回は5人別々のダンスという力の入りよう。
 作るのが大変だろうから、以降の曲は全部バラバラの振り付けでとは言いにくいけれど、ここぞという曲でやってもらえると嬉しい。

 惜しむらくは、間奏部分のウェーブと「もう一回!」が曲長の関係でカットされていたところか。
 あそこはノーツデザイン的にも面白く出来たのではないかと思うと勿体無い。

 VR欲しいなぁ……。

6月18日(日)

 小学生の時分、「和菓子の恩」とはなんだろうと思いながら歌っていましたね。

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 『グラブル』。
 アイマスコラボのキャラクタは、あの世界に迷い込んでしまったという設定。
 もちろん夢オチ(?)として元の世界に戻って終わるのだけれど、グラブルの世界の方にも彼女たちは残り続けている。
 アイマスキャラとしてのパーソナリティをそのまま持っている彼女たちの心の葛藤などを考えてみると、それを題材にしてわりと面白いものが書けるのではないだろうかと考えてしまうのは悪い癖だろうか。
 というか、すでに書いている人はいると思う。(調べてはいない)

6月17日(土)

 ガイ・リッチーは『ロックストック』が好き。

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 将棋の藤井四段が、将棋界の連勝記録を塗り替えようとしているそうだ。
 僕は将棋のルールを何となく知っている程度。「将棋の強さ」が何に基づくものなのかは分からないけれど、それでも中学生である彼が連勝しているのはとても凄いことだと分かる。
 ただ、マスコミが押し寄せて対局を邪魔したりしないといいなとも思う。
 藤井四段がこれだけ注目されると、対局相手の人にプレッシャーがかかって大変なのではないだろうかと老婆心ながらに心配してしまう。
 盛り上がるのもいいけれど、節度も守って欲しい。

6月16日(金)

 「卵かけご飯」のことを「生オムライス」と呼ぶライフハック。

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 ラジオで、関東にあるスーパーの人気投票が行われていた。
 興味があったので聴いてみたら、以下のような順位だった。

 1位:オーケー
 2位:ヤオコー
 3位:SEIYU
 4位:サミット
 5位:ライフ

 と、僕も贔屓にしているオーケーストアが1位だった。しかも2位のヤオコーにダブルスコアの大差を付けての1位だから凄い。
 オーケーは、「近所にあると家計が変わる」と言われるほどで、僕も家からは遠いのだけれど少し遠出をしてでも行く価値があると考えている。
 引っ越しをする時は近所にオーケーストアがあるかどうかを調べる人もいると聞く。その気持はよく分かる。
 それくらいに頼もしい存在の店だ。
 リスナー投票という限られた範囲でのランキングではあるものの、ダブルスコアを付けたことは当然と思えるほどだ。
 うちの近所にも出来ないかなぁ。

6月15日(木)

 PS4で『AC3』をリメイクして欲しい。

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 『デレステ』。
 協力ライブのイベントが始まった。
 この協力ライブ自体は、コンボが切れないようにする緊張感があるのと、高難度曲をあっさりとクリアする人に出会える愉しさがあるので好きだ。
 ただ、同期をとるためにメンバ全員のGOサインを待たなければならないところで引っかかるのが以前から気になっている。
 曲が始まる前に同期を取るのは分かるけれど、演奏が終わった後はそういった必要はないと思うのだけれど……。
 イベント期間終盤に、急いでプレイしたい時なんかは特にそう思う。
 同じリズムゲームである『バンドリ』でも同じようなシステムがあるけれど、こちらは演奏後の同期がないのでストレスを感じたことがない。(別の部分でストレスを感じることはある)
 イベントの種類も固定化されてきたので、それぞれのイベント形式のブラッシュアップを望みたい。

6月14日(水)

 そろそろ城ヶ崎姉妹のユニット曲が来そう。(根拠なし)

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 『FGO』。
 源頼光が復刻していたのでちょっと回してみた。



 まさかの騎士王。
 ☆5のサーヴァントが限凸するのはこれが初めて。
 しかもアルトリアは、うちのカルデアに初めてやってきた☆5サーヴァント。
 最初の☆5が最初の現凸というのはなんだか感慨深いものがある。



 そろそろ強化クエ来ませんかね……。

6月13日(火)

 「CDとかのビニール包装を開ける時、紐が初っ端で切れる」という呪い。

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 『グラブル』。
 『シンデレラガールズ』コラボが行われているので、最近またちょこちょことプレイしている。
 過去のシンデレラガールズコラボで得ることが出来たゲストキャラを、簡単なクエストをクリアするだけで一気に10キャラ近く貰えるのは、パーティメンバが揃っていない新規プレーヤに優しくて非常にありがたい。
 イベントのレイドボスは当然の事ながら僕には手が出せないくらいに強いのだけれど、他の強い人が蒸発させる勢いで倒していってくれる。
 あそこまで強くなるにはお幾ら課金すれば宜しいんでしょう?

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

○買い物ログ○

<音楽>
 ・『MY LIVE』 沼倉愛美

6月12日(月)

 協力ライブは『おねシン』が一番緊張する。

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 『デレステ』。
 協力ライブは数十回やってようやくキャシーを1枚確保。
 ヘレンは出なさ具合も世界レベルで、影も形も見えない。
 この手のイベントで15枚重ねるのは相当回すか余程の運が無いと難しいのではないだろうか。
 僕は特にスターランクを凸らせるつもりはないので1枚取れればそこでエンディング。
 とりあえずキャシーとヘレンを1枚ずつさっさと手に入れて、イベント期間を平穏無事に過ごしたいところ。

6月11日(日)

 林原めぐみライブ行きたかったー。

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 東名高速道路で発生した交通事故が衝撃的だった。
 事故に遭ったバスのドライブレコーダには、反対車線を走っていた車が突然中央分離帯の柵を乗り越えて飛んでくるという衝撃的な映像が残されていた。
 まるでレースゲームでも見ているようだ錯覚してしまう程に、まったくもって現実感のない事故に唖然としてしまった。
 しかしそんな突然の出来事に対して、バスを運転していた人は横転しないように急ハンドルを切らず、更なる大事故を引き起こさないように上手く対応していたというのだから脱帽だ。

 こういう事故を聞く度に、人はいつどこで死んでもおかしくないのだなぁと痛感する。
 今この瞬間に隕石が頭上に落ちてくることだって、可能性は0ではない。
 偶然、生きている。

6月10日(土)

 なぁ、スタブしようや……。

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 シンデレラガールズ5thライブ、大阪公演2日目のLVに参加。
 セットリストは1日目の曲順が変わるだけで、曲自体は同じ。
 昨日の『薄紅』、『青の一番星』、『キミのそばでずっと』、『桜の頃』という和ゾーン(勝手に命名)は、『キミのそばでずっと』、『桜の頃』、『青の一番星』、『薄紅』という順番に変わり、『薄紅』の綺麗なシルエットで締めるという、とても収まりの良い構成になっていた。

 ツアー前半戦の節目となる大阪公演の最終日なので、何か発表でもあるかなと期待していたのだけれど、それほど大した発表は無かったのでちょっと肩透かしを食った。
 あるとしたら、幕張かSSAなのかな。

6月9日(金)


 喰われ久保。

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 シンデレラガールズ5thライブ、大阪公演1日目のLVに参加。
 平日開催は珍しい。その為か、開演は普段よりも1時間遅く、副業を終えてから来たであろう人がちらほら見受けられた。
 大阪会場ということで、大阪出身のメンバによる新喜劇ネタが多数含まれていて、まるでお笑いライブを見に来たかのようだった。

 先日デレステのイベントで出た『モーレツ★世直しギルティ!』が早々にライブで披露。今までで一番発表→ライブのスパンが短いのではないだろうか。当然未公開だった2番以降の部分もあって、バカバカしくも愉しいこの曲に広がりが見えた。
 今回は雫役ののぐちゆりさんがいなかったので、次は是非3人揃っての「セクシー」が観たい。

 『薄紅』、『青の一番星』、『キミのそばでずっと』、『桜の頃』という和ゾーン(勝手に命名)も良かった。
 『薄紅』は曲の最後のシルエットがとても雅で綺麗な演出。
 『桜の頃』も初披露で、好きな曲だったのでここで聴けて嬉しかった。出来ることならば春先にもう一度聴きたい。

 個人的な今回のMVPは星輝子の新曲『PANDEMIC ALONE』。
 星輝子というキャラクタの特徴である「きのこ」と「デスメタル」の切り替えを、ステージ上で見事にこなした松田颯水さんの演技力に感動した。
 表情や動きが、「きのこ」のときと「デスメタル」で瞬時に切り替わり、確かに星輝子がそこにいた。

 今回初参加のメンバの奮闘と、それを支える歴戦のメンバのバランスがとても良くて、非常にアイマスらしい出来栄えだった。
 明日の2日目も愉しみだ。

6月8日(木)

 3兆円分の宝くじを買ったら、必ず3000億円は当たる。

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

・今日の1枚

カタナさん / オリジナル


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

○買い物ログ○

<漫画>
 ・『アイドルマスターシンデレラガールズ WILD WIND GIRL』(3) 迫ミサキ

6月7日(水)

 うなるレジ打ち! 光るメス!
 跳ねる魚! 届く電波! 轟く湯切り!
 美味しい水。

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 『SideM』のスマホゲーム『Live on Stage』の映像が公開された。



 まだ開発中なのか、グラフィックは荒いものだったけれど、頭身が高めでデレステよりはミリシタに近いフォルム。男性アイドルなので、デフォルメよりは等身が高いほうが格好良くていいと思う。
 公開されたのはダンスシーンのみでゲーム内容は明かされなかったけれど、やはりリズムゲームなのだろうか。
 まだシンデレラやミリオンほど楽曲が多くないSideMなのでボリュームが気になる。
 この『LoS』用にいっぱい用意してもいいのよ?

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

○買い物ログ○

<漫画>
 ・『ポプテピピック』(2) 大川ぶくぶ

6月6日(火)

 怒りで我を忘れたボディビルダー「ムキムキー!」

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆



 冷凍したきのこ(舞茸・エリンギ)を使いたかったので、有り合わせきのこパスタ。
 先日購入したしいたけの粉末「しいたけミラクルスープ」を混ぜたので、コクが出て非常にきのこ感の強いパスタ。
 散らした大葉が中々いい仕事をしてくれて、適当に作ったにしては美味しく出来た。
 今回は大葉3枚だったけど、次は倍くらいでもいいかな。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

○買い物ログ○

<漫画>
 ・『コーヒーカンタータ』(1) からあげたろう
 ・『昭和元禄落語心中』(10) 雲田はるこ
 ・『幻想ギネコクラシー』(2) 沙村広明
 ・『どこか遠くの話をしよう』(上) 須藤真澄
 ・『電脳ノイズの姫君』(1) 冬目景

<小説>
 ・『悲衛伝』 西尾維新
 ・『結物語』 西尾維新

6月5日(月)

 怒りで我を忘れたボディビルダー「ムキムキー!」

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 夕方。明るかった空が突然暗くなって、突然のドシャー降り。
 幸いにも家にいたので濡れることはなかった。
 家の中から激しい雨が降るのを眺めるのが好きで、しばらく部屋の電気を消して激しい雨音に耳を傾けていた。
 夏の始まり。(梅雨もまだ来ていないのに)

◆◇◆◇◆◇◆

Tレックス20頭とニワトリ1万羽が戦ったらどうなるのっと 質vs量の謎シミュレーションに外国人大盛り上がり
 群れをなしたニワトリの恐ろしさは『ゼルダの伝説』で学んだ。

6月4日(日)

 シリーズ物のナンバリングをローマ数字で表示するの、途中で何番目かわからなくなる。

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 特に10を越えた辺りから訳が分からなくなる。
 ローマ数字はデザイン上の雰囲気はあると思うけれど、慣れていない僕からすると視認性はすこぶる悪い。特に「20」以降はよくよく見れば認識できるものの、パッと見では無理。
 これのせいで、自分が何巻まで持っているのか分からなくなって買うのをやめてしまった本もちらほら。
 デザインをするにあたって、そういうマーケティングは無いのかなぁ。

◆◇◆◇◆◇◆

注文を「忘れる」料理店 ふしぎなお店が目指すものは

 面白い試み。
 こういう事で脳が活性化して認知症が改善されたりしないかな。

6月3日(土)

 プレーンヨーグルトに甘味を加える時は酒粕がお薦め。

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 マクドナルドのビッグマックに使われている専用ソースが限定品として発売。
 1瓶1900円と、かなり強気のお値段で限定300個が販売される。
 運試しがてら購入チャレンジしてみたけれど、開始数秒で売り切れて当然のことながら買えなかった。
 しばらくしてヤフオクを覗いてみると、案の定転売屋のせいで酷いことになっていた。
 常識的な市場価値とあまりにも乖離していて見るに堪えない。こういうのは法律で取り締まれないものなのかなぁ。

6月2日(金)

 『幽遊白書』で一番好きな作者のコメントは「日本語はダメなんだよ変な国」です。

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 アメリカがパリ協定から脱退するという決定をしたとのこと。
 「パリ協定は経済成長を阻害する」というのが言い分らしい。石炭業界の票を大切にするためとも言われている。
 でも、省エネ事業の技術開発の方が色々なところに応用が効いて、結果的に経済成長に繋がるのではないだろうか。
 世界的な流れを無視出来るとも思えない。

 また、脱退については2020年まで出来ないとのこと。
 「やっぱやめるのやめた」と言わせる時間はまだあるし、次期大統領選の時期とも被るので、これはこれで色々と波乱を呼びそう。

◆◇◆◇◆◇◆

・今日の1枚

酒呑童子 / 『FGO』


 宝具レベルが2になりました。
 ついでに弓のインド人の宝具レベルも3になりました。

6月1日(木)

 とりま:「ねぎま」の反意語。

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 チケット転売問題に対して公式のチケット売買サイト「チケトレ」が始まった。
 ユーザは公的文書で身元を公開した上で登録し、売買については定額(購入時の手数料は含まれない)で行う。
 これだけ聞くとフェアなように思えるのだけれど、チケトレに支払う取引手数料がチケット代の10%とかなり強気。しかも出品者・購入者からそれぞれ徴収する。これに加えてシステム手数料も加わる。
 さらにチケットの送料は出品者が負担する。
 サービス維持のために手数料を取ることは仕方がないとは言え、やや高い設定と言える。
 買う側からすると、他のサイトで高騰したチケットを購入するよりはマシなのだけれど、売る側には全くメリットがない。
 また、当のダフ屋が定額でチケットを仕入れる場になるのではないかという懸念も出ている。

 始まったばかりのサービスなので、課題があるのは当然のこと。様々な議論がなされることは悪いことではない。それをどのように改善していくのかが大切。
 業界が対策を打とうとする姿勢を評価したい。

 個人的には、チケットと個人情報を紐付けして入場時に個人認証を行えるシステムの整備が待たれる。
 そろそろ、登録情報と照合する機材の運用・レンタルを取り仕切るベンチャー企業が出てきてもいいと思うのだけれど。
 ぴあやe+などは高い手数料を取っているのだから、チケットの払い戻しと再販売くらいやって欲しいとも思う。
 あと転売屋は悲惨な末期を迎えて欲しい。