6月25日(日)

 FGOプレーヤには違って聞こえるもの
 「ローマの休日」

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 『本格雑談くちをひらく』第4回に参加。
 今回のゲストはアドラー心理学の向後千春さん。
 難しそうな話題を雑談に乗せてとても愉しく話してくれるのはこのイベントのいいところだと思う。(よく脱線もするが)
 全く接点のない人たちが接点を持った時に生じる「雑談」の素晴らしさを垣間見ることが出来、今回もよく笑い、そしてよく勉強になった。

 会話能力(というかコミュニケーション能力)が皆無な僕にとっては、他人と「雑談」を交わすこと自体がとても神々しく、ピカピカした宝物のように映る。
 場を繋いだり、相手を愉しませたりするような話題を一切持ち合わせていない僕にとって、人と話すことはとても恐怖だ。
 それによって相手に不快な思いをさせているのだと思うと、人と会うこと自体を避けたほうがいいと考えてしまい、今に至る。
 これはこれで他人からの干渉がない気楽な環境ではあるのだけれど、健全ではないことも自覚している。(他人とのギリギリの接点がSNSであったりこのサイトなのである)
 何かいい方法はないものだろうか。

6月24日(土)

 絵が雑なキャラほど強くなるという世界で、キャラが人気を争うメタ系バトル漫画はどうだろうか。

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 何となくラムチョップが食べたくなったので、ラムチョップの店に行ってラムチョップを食べてきた。


 骨付きの肉付き。


 ポテの皿。

 何というか、骨付き肉をそのままガブリといくと、普通に食べるよりも「ああ、肉を食っている!」という感覚になる。
 原始時代の先祖の記憶がDNAに刻まれているのだろうか。
 がおー。

6月23日(金)

 1年ぶりくらいにデレステがシャンシャン言うようになった。

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 『デレステ』。
 Android7.0の端末で発生していた音ズレバグがようやく直った。
 バグ自体はSEを切れば回避できるのだけれど、音ゲーとして「ボタンを押す」という行為に対して何の音も鳴らないというのは、想像していたよりも無味乾燥なもので、これによってモチベーションが著しく下がってしまった。
 そもそも公式で回避方法がアナウンスされていなかったので、このバグによって離れてしまった客もかなりいたのではないかと心配してしまう。

 更に間の悪いことに、今回のバグフィックスの影響なのか、Android7.0未満の端末にかなり酷い影響が出たとの話も聞いた。
 あちらを立てればこちらが立たずといったところだろうか。
 ゲーム側ではなくOSの問題であるとはいえ、なかなか難儀な対応を強いられている運営に同情してしまう。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

○買い物ログ○

<漫画>
 ・『ベルセルク』(39) 三浦建太郎

6月22日(木)

 『恐怖の大王』ネタはもう通用しない。(恐怖)

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 結構前から甘酒を飲んでいる。とは言っても健康に気を遣っているというわけではなく、ただ単に美味しいからという理由。
 これまでは甘酒の素を買ってきて牛乳で割ったりヨーグルトに入れたりして食べていたのだけれど、最近は甘酒ブームということで1リットルパックの甘酒が売られていて、手軽に飲むことが出来て便利だ。
 とは言ってもジュース感覚で作っているからなのかちょっと甘すぎる。なので、これを牛乳で割ったりすると丁度いい味になる。
 今はブームだから売られているのだとは思うけれど、出来ればこのまま常設してもらえると嬉しい。

6月21日(水)

 除菌グッズは体に悪いと思う。

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 日本茶や紅茶など、お茶の缶のデザインが好きだ。
 紅茶ならマリアージュ・フレールの黒くて丸い胴とシックな色のエンブレムだったり、ベロックのシンプルだけど特徴的なデザインの缶だったり。
 日本茶なら一保堂のレトロなデザインも捨てがたい。
 お茶自体が嗜好品なので、缶のデザインにも力が入るのだろうか。
 ついついコレクションしてしまいたくなるのだけれど、独り暮らしだとそんなにお茶の消費量が高いわけではないので難しい。
 しかしまぁ、うっかり買わなくて済むので逆にいいのかもしれない。

6月20日(火)

 平バフ盛。

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 『モンスターハンターワールド』 が発表された。
 今作はオープンワールドでの狩りということで、これまでのエリア単位ではなくシームレスに繋がった大きなエリアで狩りを行うとのこと。
 グラフィックはPS4と箱1ということでとても綺麗。
 狩りの途中で武器を変えられたり様々なギミックを駆使するところはとても面白そうだった。
 ただ、ダメージを与えた時に数字でダメージが表現されるのと、登場キャラクタが日本語を喋ること、血が出ないことなどといった部分にどうも違和感を覚える。
 ナンバリングタイトルではなくスピンアウト作品として触れるのがいいのかもしれない。

6月19日(月)

 溜まった石で回したらジャンヌ・ダルクさんが出ました。(ゲーム名を伏せる)

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 『デレステ』。
 VR用の曲だった『Yes! Party Time!!』が実装された。
 この曲はノリが良くて好きだったので嬉しい限り。まるで本家アイマスのようだ。
 しかも、普段の曲は全員同じ振り付け(その代わりカメラワークで上手く演出している)であるのに対して、今回は5人別々のダンスという力の入りよう。
 作るのが大変だろうから、以降の曲は全部バラバラの振り付けでとは言いにくいけれど、ここぞという曲でやってもらえると嬉しい。

 惜しむらくは、間奏部分のウェーブと「もう一回!」が曲長の関係でカットされていたところか。
 あそこはノーツデザイン的にも面白く出来たのではないかと思うと勿体無い。

 VR欲しいなぁ……。

6月18日(日)

 小学生の時分、「和菓子の恩」とはなんだろうと思いながら歌っていましたね。

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 『グラブル』。
 アイマスコラボのキャラクタは、あの世界に迷い込んでしまったという設定。
 もちろん夢オチ(?)として元の世界に戻って終わるのだけれど、グラブルの世界の方にも彼女たちは残り続けている。
 アイマスキャラとしてのパーソナリティをそのまま持っている彼女たちの心の葛藤などを考えてみると、それを題材にしてわりと面白いものが書けるのではないだろうかと考えてしまうのは悪い癖だろうか。
 というか、すでに書いている人はいると思う。(調べてはいない)

6月17日(土)

 ガイ・リッチーは『ロックストック』が好き。

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 将棋の藤井四段が、将棋界の連勝記録を塗り替えようとしているそうだ。
 僕は将棋のルールを何となく知っている程度。「将棋の強さ」が何に基づくものなのかは分からないけれど、それでも中学生である彼が連勝しているのはとても凄いことだと分かる。
 ただ、マスコミが押し寄せて対局を邪魔したりしないといいなとも思う。
 藤井四段がこれだけ注目されると、対局相手の人にプレッシャーがかかって大変なのではないだろうかと老婆心ながらに心配してしまう。
 盛り上がるのもいいけれど、節度も守って欲しい。

6月16日(金)

 「卵かけご飯」のことを「生オムライス」と呼ぶライフハック。

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 ラジオで、関東にあるスーパーの人気投票が行われていた。
 興味があったので聴いてみたら、以下のような順位だった。

 1位:オーケー
 2位:ヤオコー
 3位:SEIYU
 4位:サミット
 5位:ライフ

 と、僕も贔屓にしているオーケーストアが1位だった。しかも2位のヤオコーにダブルスコアの大差を付けての1位だから凄い。
 オーケーは、「近所にあると家計が変わる」と言われるほどで、僕も家からは遠いのだけれど少し遠出をしてでも行く価値があると考えている。
 引っ越しをする時は近所にオーケーストアがあるかどうかを調べる人もいると聞く。その気持はよく分かる。
 それくらいに頼もしい存在の店だ。
 リスナー投票という限られた範囲でのランキングではあるものの、ダブルスコアを付けたことは当然と思えるほどだ。
 うちの近所にも出来ないかなぁ。

6月15日(木)

 PS4で『AC3』をリメイクして欲しい。

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 『デレステ』。
 協力ライブのイベントが始まった。
 この協力ライブ自体は、コンボが切れないようにする緊張感があるのと、高難度曲をあっさりとクリアする人に出会える愉しさがあるので好きだ。
 ただ、同期をとるためにメンバ全員のGOサインを待たなければならないところで引っかかるのが以前から気になっている。
 曲が始まる前に同期を取るのは分かるけれど、演奏が終わった後はそういった必要はないと思うのだけれど……。
 イベント期間終盤に、急いでプレイしたい時なんかは特にそう思う。
 同じリズムゲームである『バンドリ』でも同じようなシステムがあるけれど、こちらは演奏後の同期がないのでストレスを感じたことがない。(別の部分でストレスを感じることはある)
 イベントの種類も固定化されてきたので、それぞれのイベント形式のブラッシュアップを望みたい。

6月14日(水)

 そろそろ城ヶ崎姉妹のユニット曲が来そう。(根拠なし)

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 『FGO』。
 源頼光が復刻していたのでちょっと回してみた。



 まさかの騎士王。
 ☆5のサーヴァントが限凸するのはこれが初めて。
 しかもアルトリアは、うちのカルデアに初めてやってきた☆5サーヴァント。
 最初の☆5が最初の現凸というのはなんだか感慨深いものがある。



 そろそろ強化クエ来ませんかね……。

6月13日(火)

 「CDとかのビニール包装を開ける時、紐が初っ端で切れる」という呪い。

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 『グラブル』。
 『シンデレラガールズ』コラボが行われているので、最近またちょこちょことプレイしている。
 過去のシンデレラガールズコラボで得ることが出来たゲストキャラを、簡単なクエストをクリアするだけで一気に10キャラ近く貰えるのは、パーティメンバが揃っていない新規プレーヤに優しくて非常にありがたい。
 イベントのレイドボスは当然の事ながら僕には手が出せないくらいに強いのだけれど、他の強い人が蒸発させる勢いで倒していってくれる。
 あそこまで強くなるにはお幾ら課金すれば宜しいんでしょう?

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

○買い物ログ○

<音楽>
 ・『MY LIVE』 沼倉愛美

6月12日(月)

 協力ライブは『おねシン』が一番緊張する。

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 『デレステ』。
 協力ライブは数十回やってようやくキャシーを1枚確保。
 ヘレンは出なさ具合も世界レベルで、影も形も見えない。
 この手のイベントで15枚重ねるのは相当回すか余程の運が無いと難しいのではないだろうか。
 僕は特にスターランクを凸らせるつもりはないので1枚取れればそこでエンディング。
 とりあえずキャシーとヘレンを1枚ずつさっさと手に入れて、イベント期間を平穏無事に過ごしたいところ。

6月11日(日)

 林原めぐみライブ行きたかったー。

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 東名高速道路で発生した交通事故が衝撃的だった。
 事故に遭ったバスのドライブレコーダには、反対車線を走っていた車が突然中央分離帯の柵を乗り越えて飛んでくるという衝撃的な映像が残されていた。
 まるでレースゲームでも見ているようだ錯覚してしまう程に、まったくもって現実感のない事故に唖然としてしまった。
 しかしそんな突然の出来事に対して、バスを運転していた人は横転しないように急ハンドルを切らず、更なる大事故を引き起こさないように上手く対応していたというのだから脱帽だ。

 こういう事故を聞く度に、人はいつどこで死んでもおかしくないのだなぁと痛感する。
 今この瞬間に隕石が頭上に落ちてくることだって、可能性は0ではない。
 偶然、生きている。

6月10日(土)

 なぁ、スタブしようや……。

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 シンデレラガールズ5thライブ、大阪公演2日目のLVに参加。
 セットリストは1日目の曲順が変わるだけで、曲自体は同じ。
 昨日の『薄紅』、『青の一番星』、『キミのそばでずっと』、『桜の頃』という和ゾーン(勝手に命名)は、『キミのそばでずっと』、『桜の頃』、『青の一番星』、『薄紅』という順番に変わり、『薄紅』の綺麗なシルエットで締めるという、とても収まりの良い構成になっていた。

 ツアー前半戦の節目となる大阪公演の最終日なので、何か発表でもあるかなと期待していたのだけれど、それほど大した発表は無かったのでちょっと肩透かしを食った。
 あるとしたら、幕張かSSAなのかな。

6月9日(金)


 喰われ久保。

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 シンデレラガールズ5thライブ、大阪公演1日目のLVに参加。
 平日開催は珍しい。その為か、開演は普段よりも1時間遅く、副業を終えてから来たであろう人がちらほら見受けられた。
 大阪会場ということで、大阪出身のメンバによる新喜劇ネタが多数含まれていて、まるでお笑いライブを見に来たかのようだった。

 先日デレステのイベントで出た『モーレツ★世直しギルティ!』が早々にライブで披露。今までで一番発表→ライブのスパンが短いのではないだろうか。当然未公開だった2番以降の部分もあって、バカバカしくも愉しいこの曲に広がりが見えた。
 今回は雫役ののぐちゆりさんがいなかったので、次は是非3人揃っての「セクシー」が観たい。

 『薄紅』、『青の一番星』、『キミのそばでずっと』、『桜の頃』という和ゾーン(勝手に命名)も良かった。
 『薄紅』は曲の最後のシルエットがとても雅で綺麗な演出。
 『桜の頃』も初披露で、好きな曲だったのでここで聴けて嬉しかった。出来ることならば春先にもう一度聴きたい。

 個人的な今回のMVPは星輝子の新曲『PANDEMIC ALONE』。
 星輝子というキャラクタの特徴である「きのこ」と「デスメタル」の切り替えを、ステージ上で見事にこなした松田颯水さんの演技力に感動した。
 表情や動きが、「きのこ」のときと「デスメタル」で瞬時に切り替わり、確かに星輝子がそこにいた。

 今回初参加のメンバの奮闘と、それを支える歴戦のメンバのバランスがとても良くて、非常にアイマスらしい出来栄えだった。
 明日の2日目も愉しみだ。

6月8日(木)

 3兆円分の宝くじを買ったら、必ず3000億円は当たる。

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

・今日の1枚

カタナさん / オリジナル


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

○買い物ログ○

<漫画>
 ・『アイドルマスターシンデレラガールズ WILD WIND GIRL』(3) 迫ミサキ

6月7日(水)

 うなるレジ打ち! 光るメス!
 跳ねる魚! 届く電波! 轟く湯切り!
 美味しい水。

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 『SideM』のスマホゲーム『Live on Stage』の映像が公開された。



 まだ開発中なのか、グラフィックは荒いものだったけれど、頭身が高めでデレステよりはミリシタに近いフォルム。男性アイドルなので、デフォルメよりは等身が高いほうが格好良くていいと思う。
 公開されたのはダンスシーンのみでゲーム内容は明かされなかったけれど、やはりリズムゲームなのだろうか。
 まだシンデレラやミリオンほど楽曲が多くないSideMなのでボリュームが気になる。
 この『LoS』用にいっぱい用意してもいいのよ?

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

○買い物ログ○

<漫画>
 ・『ポプテピピック』(2) 大川ぶくぶ

6月6日(火)

 怒りで我を忘れたボディビルダー「ムキムキー!」

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆



 冷凍したきのこ(舞茸・エリンギ)を使いたかったので、有り合わせきのこパスタ。
 先日購入したしいたけの粉末「しいたけミラクルスープ」を混ぜたので、コクが出て非常にきのこ感の強いパスタ。
 散らした大葉が中々いい仕事をしてくれて、適当に作ったにしては美味しく出来た。
 今回は大葉3枚だったけど、次は倍くらいでもいいかな。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

○買い物ログ○

<漫画>
 ・『コーヒーカンタータ』(1) からあげたろう
 ・『昭和元禄落語心中』(10) 雲田はるこ
 ・『幻想ギネコクラシー』(2) 沙村広明
 ・『どこか遠くの話をしよう』(上) 須藤真澄
 ・『電脳ノイズの姫君』(1) 冬目景

<小説>
 ・『悲衛伝』 西尾維新
 ・『結物語』 西尾維新

6月5日(月)

 怒りで我を忘れたボディビルダー「ムキムキー!」

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 夕方。明るかった空が突然暗くなって、突然のドシャー降り。
 幸いにも家にいたので濡れることはなかった。
 家の中から激しい雨が降るのを眺めるのが好きで、しばらく部屋の電気を消して激しい雨音に耳を傾けていた。
 夏の始まり。(梅雨もまだ来ていないのに)

◆◇◆◇◆◇◆

Tレックス20頭とニワトリ1万羽が戦ったらどうなるのっと 質vs量の謎シミュレーションに外国人大盛り上がり
 群れをなしたニワトリの恐ろしさは『ゼルダの伝説』で学んだ。

6月4日(日)

 シリーズ物のナンバリングをローマ数字で表示するの、途中で何番目かわからなくなる。

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 特に10を越えた辺りから訳が分からなくなる。
 ローマ数字はデザイン上の雰囲気はあると思うけれど、慣れていない僕からすると視認性はすこぶる悪い。特に「20」以降はよくよく見れば認識できるものの、パッと見では無理。
 これのせいで、自分が何巻まで持っているのか分からなくなって買うのをやめてしまった本もちらほら。
 デザインをするにあたって、そういうマーケティングは無いのかなぁ。

◆◇◆◇◆◇◆

注文を「忘れる」料理店 ふしぎなお店が目指すものは

 面白い試み。
 こういう事で脳が活性化して認知症が改善されたりしないかな。

6月3日(土)

 プレーンヨーグルトに甘味を加える時は酒粕がお薦め。

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 マクドナルドのビッグマックに使われている専用ソースが限定品として発売。
 1瓶1900円と、かなり強気のお値段で限定300個が販売される。
 運試しがてら購入チャレンジしてみたけれど、開始数秒で売り切れて当然のことながら買えなかった。
 しばらくしてヤフオクを覗いてみると、案の定転売屋のせいで酷いことになっていた。
 常識的な市場価値とあまりにも乖離していて見るに堪えない。こういうのは法律で取り締まれないものなのかなぁ。

6月2日(金)

 『幽遊白書』で一番好きな作者のコメントは「日本語はダメなんだよ変な国」です。

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 アメリカがパリ協定から脱退するという決定をしたとのこと。
 「パリ協定は経済成長を阻害する」というのが言い分らしい。石炭業界の票を大切にするためとも言われている。
 でも、省エネ事業の技術開発の方が色々なところに応用が効いて、結果的に経済成長に繋がるのではないだろうか。
 世界的な流れを無視出来るとも思えない。

 また、脱退については2020年まで出来ないとのこと。
 「やっぱやめるのやめた」と言わせる時間はまだあるし、次期大統領選の時期とも被るので、これはこれで色々と波乱を呼びそう。

◆◇◆◇◆◇◆

・今日の1枚

酒呑童子 / 『FGO』


 宝具レベルが2になりました。
 ついでに弓のインド人の宝具レベルも3になりました。

6月1日(木)

 とりま:「ねぎま」の反意語。

 こんにちは、壱影です。

◆◇◆◇◆◇◆

 チケット転売問題に対して公式のチケット売買サイト「チケトレ」が始まった。
 ユーザは公的文書で身元を公開した上で登録し、売買については定額(購入時の手数料は含まれない)で行う。
 これだけ聞くとフェアなように思えるのだけれど、チケトレに支払う取引手数料がチケット代の10%とかなり強気。しかも出品者・購入者からそれぞれ徴収する。これに加えてシステム手数料も加わる。
 さらにチケットの送料は出品者が負担する。
 サービス維持のために手数料を取ることは仕方がないとは言え、やや高い設定と言える。
 買う側からすると、他のサイトで高騰したチケットを購入するよりはマシなのだけれど、売る側には全くメリットがない。
 また、当のダフ屋が定額でチケットを仕入れる場になるのではないかという懸念も出ている。

 始まったばかりのサービスなので、課題があるのは当然のこと。様々な議論がなされることは悪いことではない。それをどのように改善していくのかが大切。
 業界が対策を打とうとする姿勢を評価したい。

 個人的には、チケットと個人情報を紐付けして入場時に個人認証を行えるシステムの整備が待たれる。
 そろそろ、登録情報と照合する機材の運用・レンタルを取り仕切るベンチャー企業が出てきてもいいと思うのだけれど。
 ぴあやe+などは高い手数料を取っているのだから、チケットの払い戻しと再販売くらいやって欲しいとも思う。
 あと転売屋は悲惨な末期を迎えて欲しい。